腰の痛みの原因と対処 吉祥寺スーリヤ接骨院

2021/09/24 ブログ
logo

皆様こんにちは。

腰の痛みがある方は多いですね。

ただ筋肉が張って痛む、そういう方も多いです。

ですが、痛みが出る根本的な原因はもしかすると他にもあるかもしれません。

①椎間板ヘルニア

これは腰椎の間の椎間板に負荷が掛かった為、中から髄核が飛び出している状態を指します。

急性の場合腰の痛みはもちろん足に何かしらの症状(痺れ、知覚鈍麻、力が入らない)が出現します。

急性でなくても足の痺れや反射が起きずらくなる、または関節に異常がある為周囲の筋肉も守るために硬くなってきます。

②脊柱管狭窄症

これもヘルニアに似ていますが腰椎が狭くなったことが原因により椎間板に圧が掛かりと飛び出すことによって神経を触っている状態を指します。多くの方がすねの外側と足底に痺れを訴える事が多いですね。これもやはり腰回りとお尻と硬くなりやすいのですが、狭窄症の場合には腰を丸めると痺れが出ずらくなるといった特徴がある為、皆様そのように生活をするようになります。そのために筋肉が張ってしまうという事もあります。

③腰椎すべり症、腰椎分離すべり症

2つの違いは腰椎の一部が折れているかどうかの違いです。

折れていない場合(すべり症)は腰椎の一つが前方に滑っている状態を指します。ひどい方はやはり足に神経症状を引き起こす事もあります。

折れている場合(分離すべり症)の場合には折れているおかげで神経症状は出ません。

ですがどちらも腰椎が前方に移動してしまう為いわゆる反り腰となってしまい腰やお尻の筋肉に負担をかけてしまいます。

整骨院でよくみられるのはこの辺りになりますかね…

腰の痛みでお困りなら是非一度ご連絡下さい。

各種健康保険取り扱い

 

JR吉祥寺駅徒歩4分

武蔵野市吉祥寺本町2-4-2

TEL 0422-27-6505

吉祥寺スーリヤ接骨院